高まる証|ISO27001で上手くマニュアルを作るにはコンサルに依頼
PC

ISO27001で上手くマニュアルを作るにはコンサルに依頼

高まる証

男の人

社員証の発注方法と価格について

会社は従業員に社員証を渡しているところが多いです。社員証を持たせることによって社員としての自覚を促すと同時に、社員証を使って入退出管理をすることでセキュリティーや勤怠管理のツールとして使われています。社員証を発注する場合には、業者が提供しているテンプレートから選ぶ方法、デザインのイメージを渡して完成させてもらう方法、完全なデザインを渡して作ってもらう方法があります。コストについては業者によって様々ですが、300枚の場合、初期設定で2万円で程度、両面印刷料金で20万円程度がかかるのが一般的です。また、FelicaタイプのICカードにすることによってプラス20万円程度、簡易型Felicaであれば10万程度かかるようです。

社員証とは

社員証のニーズが高まりを見せています。社員証とは、社員を特定するものであり、会社にとっては、必要不可欠なものといえます。その歴史をみても、従前の紙のものから、今では写真入りの立派なものになるまでには、紆余曲折があったことも事実であります。社員証には、一般的には、その人の生年月日や名前が記されている点から、身分証明書としての役割もになっており、会社への出勤日はもとより、休日においても、手放すことができないアイテムになっています。一方において、社員証の製造・販売を手掛ける業者の需要も増してきており、新入社員が話題になる4月に向けての時期は、特に大きな繁忙期になるといえます。使われる写真については、プロのカメラマンが撮るケースもあれば、スピード写真が使われる場合もあります。