工夫する努力|ISO27001で上手くマニュアルを作るにはコンサルに依頼
PC

ISO27001で上手くマニュアルを作るにはコンサルに依頼

工夫する努力

男女

USBを工夫するとどうなるか

USBメモリは簡単にデータを移すことが出来ます。その一方でデータが簡単に入れれるという事でセキュリティ面では弱いことが分かっています。そのことからUSBにはパスワードロックなどのセキュリティが施されています。他にもデータを開けるユーザーと開けないユーザーというようにユーザーによって開けるデータを制限するという機能もあります。これらのようにUSBによって機能は様々ですがもともとの機能を使うことは当然ですが、それ以外の機能を追加することが出来ます。例えば、先ほども言いましたが、ユーザーによって開けるデータと開けないデータがあると言いましたが、それはパソコンのソフトウェアを使うことによってデータを制御できるというソフトです。このように工夫すればセキュリティは強化することが出来ます。

セキュリティに対する対策

USBのセキュリティは弱いことが分かっていますが、今の時代ではより安心してUSBを使ってもらうためにセキュリティに特化したものが発売されています。セキュリティを強化したと言ってもデータを暗号化したりデータを見るごとにパスワードでロックしたりといったようなところです。これは今では当たり前になっている技術だと思います。データを暗号化するのはもしデータを盗まれそうになってもデータ自体が暗号化によって分からなくなっているのでデータを第三者に見られる事が防げます。データを見るごとにパスワードをかけるのにはデータを簡単に見られないようにするためです。このようにして色々なセキュリティが出来てきていますが、それでも盗まれたりすることがあるのでこういった対策をしていても安易に油断しないでください。